スマホケースの正しい選び方とは

スマートフォンを保護するため、またはお気に入りのデザインのものを選んで装飾するスマホケース。今では色んな種類のものが家電量販店や雑貨店に並んでいますが、あなたはその中で本当に自分に合うものを選べていますか?数多く並んだ商品の中から、本当に自分にあったケースを見極めるのは難しいことです。何回かケースを購入したものの、実際に使ってみると劣化が早かったり、自分の好みの使い心地ではなかったなど…そんな経験をされた方は多いと思います。スマホケースを正しく選ぶために重要なのは、多種多様な商品の特徴を知ることと、自分がスマートフォンを普段どう使っているか知ることです。このふたつを抑えれば、あなた自身にぴったりの、長く付き合えるケースが見つかります。

まずは商品のタイプと特徴を知ること

ここで確認したいのは、スマートフォンの機種です。機種に対応しているケースを選ばなければ、そもそもケースとして使えません。きちんと対応機種を確認して、その中にどんなタイプのケースがあるかざっと見てみましょう。プラスチック製のハードケース、シリコン製のソフトケース、レザー・布製の手帳型ケースと代表的なものはこれら3つになります。ハードケースとソフトケースは画面以外を保護し、シンプルなものからデコレーションされたものまで多種多様なデザインが揃っています。ただし、プラスチックは落下などの衝撃で割れてしまいます。シリコンは衝撃に強く、手触りもいいですが、長期間使っているうちに広がって劣化してしまうといった点があります。手帳型ケースは、画面も覆うことができ、カードを入れられるポケットがあるものや、スタンドにできるなど便利な使い方ができます。しかし、画面をすぐに開けず、さっと使うことができません。

あなたは普段どうスマートフォンを使っていますか?

スマホケースを購入する際に、覚えておきたいのが、普段スマホをどう使っているか、ということです。いつも何かと使って調べものをする人や、思いついたときにだけ使って、あとはしまっている人など、千差万別です。その使い方次第でも、選ぶべきケースのタイプが変わってきます。いつも片手間にスマートフォンを使っている人は、片手でも扱いやすいハードケースやソフトケースがいいでしょう。通学や通勤の移動中にスマートフォンを使って、あとは使っていないという人は、定期入れにも便利な手帳型ケースがおすすめです。また、カメラ機能をよく使うのであれば、画面を覆う部分がカメラの邪魔をしてしまうことが多い手帳型ケースは使いにくいことがあります。どのくらいスマートフォンを使っているのか、どんな機能をよく使うかなど、よく考えながらケースを選びましょう。